塗装のきほん知識

塗装の目的は「守る」こと

外壁や屋根などの塗装は、雨風などによって塗料の膜「塗膜」の機能が弱まってしまったり、はがれやサビなど年月とともに劣化してしまいます。
定期的な塗り替えで強い塗膜を維持することで、雨漏りや建物の劣化を防ぎ、修繕コストをかけずに住まいを長生きさせることができます。


外壁は10年に1度*

外壁は10年に1度、木や鉄は5年に1度と一般的に言われます。保護機能が低下し、雨水が浸入してくる前に塗り替えすることが大切です!
材料・気象条件によります


塗り替えのサイン

下記のような症状がある時は、そろそろ塗り替えの時期です。まずは一度、ご相談されることをおすすめします。無料で見積もりいたします!
塗装のプロによる無料診断も承ります。お気軽にお電話ください。


ECO PAINT, ECO LIFE!

かしこい塗料選びで、エコ&お得

たとえば、断熱・遮熱効果の高い塗料を選択すると、冷暖房費を大幅にカット。夏涼しく、冬暖かい住まい環境をつくることが可能です。


いま人気の機能性塗料は?


長い目で見ると、費用もお得!

塗装工事費は、約8割が足場や施工費など。耐久年数の長い塗料を使うと塗り替えの回数も減り、長い目で見ると経済的にもお得です。